市川市の川島カイロプラクティック

本八幡駅から宮久保.乳幼児連れの方歓迎.腰痛・坐骨神経痛・頭痛など
不妊症に何をすればいいかなぁ
0

    市川 本八幡の女性整体師の川島カイロです。

     

    今回のブログは

    不妊治療ってどんなものがあるの?
    避妊をせずに1年がたっても自然妊娠しない場合、不妊の可能性があります。
    今回のブログでは一般的な治療と原因不明妊娠について考えていきたいと思います。


    女性側の治療
    .織ぅ潺鵐伊

     排卵にあわせての性交渉を行います。
     月に何回性行為があり、その上でどれ位の期間妊娠していないかで、タイミング法をする必要があるか無いかの判断がされるようです。

    ⊇性ホルモン検査
     6種類のホルモンを調べます。どのホルモンに異常があるかでどのような不妊原因があるかがわかります。

    子宮卵管造影
     卵管につまりがないか確認する検査です

    せ匍楸生〆
     子宮筋腫やポリープ、奇形などを調べる検査です

    ィ腺唯噺〆
     採卵できる卵巣の数を調べる検査です

    Ε奸璽福璽謄好
     性交後に子宮頸管の粘液中の精子の状態を確認するための検査です


    男性編
    精液検査

    精液の量、精子の数や運動率を調べる検査です。


    原因不明の場合
    不妊の原因として何らかの問題が出てきた場合は
    それに対して治療を行えばよいわけですが、
    男女ともに検査で異常がないのに不妊である場合も半数以上あるようです。

    血液検査の数値なり、内臓の検査では出てこないけれど
    働きの弱っている体の状態が何らかあるからこそ不妊症を引き起こしているとは誰もが考えると思います。
    その場合病院では手立てがないのであれば、カイロプラクティックなどの民間療法で体調をより良い状態に改善するというのも無駄ではないと考えます。
    不妊治療に並行して適宜取り入れていただきたいと思います。

    生理に関連して
    生理周期の不順、生理痛、月経量の過小、など生理に関連するトラブルがあること自体、健康とは言えません。
    妊娠と生理周期は切っても切れない関係。生理に関連したトラブルはカイロプラクティックや鍼灸などでも改善できる可能性は大きいです。

    男性不妊に関して
    また男性の勃起障害や射精障害は、自律神経の働きが乱れている場合があります。
    体に疲労が蓄積されていると自律神経の働きが悪くなりますから、体の調整をすることで自律神経の働きを整えてはいかがでしょうか。

    内臓の問題
    病気ではないけれど、内臓下垂などがあって食事の消化吸収が弱くなっていれば栄養が体にいきわたりません。
    また内臓下垂があったら子宮が膨らむことを邪魔しているのかもしれません。
    便秘があって子宮が膨らむだけのスペースがないのかもしれません。
    脳下垂体をはじめとしたホルモンに関わる内臓の働きが弱いと卵子の成長や排卵に関しての低下、妊娠の維持ができないこともあるでしょう。

    子宮に問題がなくても周りの内臓の働きが弱っていることで
    子宮の働きを邪魔している場合もあるのです。

    しかも、このような働きの低下(機能低下といいます)は
    病院の検査ではわかりづらいことがあります。

    カイロプラクティックでこのような機能低下がある体全体に対しての調整を行います。
    ケアすることでより妊娠しやすい体にする、安全な出産につなげていければ嬉しいですね。

     

     

    お電話なら 047-701-8198
    不妊症の治療なら 市川のカイロプラクティック川島カイロへ
    当整体院までの地図ならグーグルプレイス

    | 川島和美 | 不妊症 | 07:04 | comments(0) | - | - | - |
    不妊症に何をすればいいかな
    0

      市川から近い女性整体師の川島カイロです。


      今回のブログは
      不妊の原因にはどういうものがあるのかな?
      ということをお伝えしていきます。

      今はご自分でもいろいろと調べることができますが、概要を知っておくと調べる際にわかりやすくなるかもしれません。

      女性側の不妊原因は主に5つ
      .曠襯皀鵑量簑
      ⇒饂劼量簑
      M餞匹北簑蠅ある
      せ匍椶量簑
      ジ彊不明の場合もある



      .曠襯皀鵑量簑
      脳下垂体や卵巣に病気(腫瘍・嚢胞など)があってホルモンが出すぎたり出なさすぎたりという場合がある
      =高プロラクチン血症、甲状腺機能低下症、多嚢胞性卵巣症候群、早期卵巣機能不全など
      →卵が産まれない=排卵障害が起こって無月経になったり、月経不順が起こる

      ⇒饂劼量簑
      卵子の奇形、十分な発育がない、卵子がない=自分が胎児のときに卵子が形成されなかったなど

      M餞匹北簑蠅ある
      卵を吸い上げられない(卵管采での問題)
      卵管がつまっている・周りの組織にくっついて働きが悪くなっている(癒着)。
      →卵子や精子の行き来ができなくなって受精ができない。

      せ匍椶量簑
      筋腫があったり、子宮奇形(形の異常)があって受精卵が着床できない。
      子宮頚管(子宮体部と膣の間の所)で頚管粘液が少ないため精子が卵管に到達しずらい。受精しにくくなる。

      ジ彊不明の場合もある
      上記のような原因が特定できないことも多いようです。
      私はこれは体の働きが弱っている=機能低下の可能性があるのではないかと考えています。


      男性側の不妊原因は主に2つ
      \沙劼量簑

      精巣で精子が作られない
      →男性不妊の70%以上を占める、しかも原因不明が大半

      ∪佐匹量簑
      精子が通る管=精巣上体、精管膨大部で炎症などがあり通れない
      →射精しても精液の中に精子が少ない



      もともと生理不順だったり生理が来ないということはありませんでしたか?

      病気ではないかもしれませんが心配事がある、緊張を強いられることが多いなどがありませんか?
      気持ちは体の働きに強く影響します。
      すると脳の中から分泌されるホルモンの出方が変わってしまうかもしれません。

      疲れていたり、最近痩せすぎたりしていませんか?(上記の心配事・緊張感、ダイエットなど)
      疲れていると体が動かなくなるのと同じように、子宮などの内臓や、ホルモンを出す脳下垂体という内臓も動かなくなってしまいます。
      また、ホルモンの材料は脂肪です。痩せてしまって材料がなくなればホルモンが出づらくなってしまいますよ。

      生理痛などは筋腫のサインかもしれません。一度婦人科を訪ねてみてくださいね。

      男性側でいえば、下半身が温かくなりすぎていませんか?
      精子は暑さに弱いものです。通気性の良い下着なども検討してみてください。


      妊娠するということは女性の卵子と男性の精子が出会わなければ成り立たないもの。
      男性側の問題による不妊も実は1/3〜1/2あるといわれているようです。
      ということは不妊症の検査を女性任せにだけしておいては原因を見落としてしまうかもしれません。
      ですから女性側にも男性側にも原因がないかどうか調べることはとても大切です。
      また妊娠は単純なものではないので、原因が1つとは限らない場合も多々あるようです。


      原因が特定できないことも多いようで対応に困ることもあるかもしれません。
      次回記事を書く機会があったらそれらについても考えてみたいと思います。

       

      お電話なら 047-701-8198 不妊症対策で体調を整えるなら 市川のカイロプラクティック川島カイロへ
      当整体院までの地図ならグーグルプレイス

      | 川島和美 | 不妊症 | 07:03 | comments(0) | - | - | - |
      不妊症に何をすればいいかな
      0

        市川から近い女性整体師の川島カイロです。



        今回のブログは
        特に避妊もしてないけれど1年たっても妊娠しないなあ、もしかして不妊症なのかな?
        という30歳代のカップルに特に読んで頂きたいと思っています。



        不妊症なのかな?と不安になってきた方であればまず、なにが不妊症なんだろうって思いますよね。
        不妊症の定義は
        「正常な夫婦生活」を送っているのに、2年以上妊娠しない場合

        とされます。

        でも私は2年と言わず、1年経っても妊娠しないのであれば不妊対策を始めて良いと思っています。
        というのは自然妊娠の内訳が次のようになっているからです。



        <妊娠を望んでいるカップル100組が通常の性交渉を行った場合 >
        1年目で妊娠する―85組
        2年目で  〃 ―残ったうちの10組
        さらに残った5組が不妊症と診断されます。
        1年目で自然妊娠しない場合、不妊症の確率が出てくるのです。
        (今は6組に1組は不妊と言われている時代です。
        とするともっと多くの方が不妊でお困りだと考えられるのです)

        これが32、3歳で結婚されたカップルだとしたらどう思いますか?
        2年目が終わるまで様子を見ていたら、34、5歳になっているのです。

        それから不妊症の検査をしたり、タイミング法を始めようかということになるとさらに半年〜1年くらいが過ぎていってしまいます。

        ちょっと時間がもったいないと思いませんか?
        なので1年目で自然妊娠しないならば不妊症をちょっと疑ってネット検索してみたり、病院での検査を始めたほうが良いなあと考えるわけです。



        <不妊症の検査って?>
        もし何らかの病気があるとしたら、その病気を治療してから妊娠しなければいけないので、それも時間がかかります。

        病気ってどんなものがあるの?
        と考えてる方は女性にも男性にも多いことでしょう。
        確かに痛みや自覚がないこともあるのです。
        自覚がないからこそ、その時にはあれ?妊娠しないな?と思うのではないかと。

        女性であれば子宮内膜症などの子宮の病気、卵巣機能不全といった卵巣の問題。
        男性であれば性交障害、精子の問題etc・・・
        などが考えられます。

        では、不妊症の場合病院でどの科を受ければいいか、迷ってしまいませんか?
        女性であれば婦人科へ、男性は泌尿器科へ行って検査を受けてください。



        病気でない場合、体に異常がない場合でも妊娠しない場合もありますね。
        とっても根本的なことを今回は挙げますが
        性交渉の回数が少ない
        場合も不妊症の要因になります。

        自分たちの性交渉の回数が平均的なのかどうか考えたことなんてあります?
        私はなかったです。
        で、調べてみました。

        このブログの初めの方に書いた「正常な夫婦生活」とは、
        週2〜3回
        だそうです。

        男性諸氏はどう感じるかわからないのですが、自分が30歳代だったとしても私はこれ、多いと思いましたショック!
        30代の皆さんて、仕事がとても充実しているころじゃありませんか?(仕事を押し付けられる世代?)
        仕事で疲れてしまってウィークデーに複数回って大変な気がします。

        でもだからと言って月に1回くらいの性交渉ではやはり妊娠の可能性は単純に低くなりますよね。
        世界的に見ても日本人の性交渉の回数はダントツで低いそうです。
        →1回以上/週が3割だけ。
        世界トップはコロンビアやロシア
        →1回以上/週が約9割
        *どちらも複数世代の平均値のようです

        不妊症かもと疑っていらして、性交渉の回数が少ない方はパートナーと相談されることをお勧めします。





        今回駆け足でしたが、一番お伝えしたかったのは
        自然な性交渉をして1年経っても妊娠しない場合は不妊対策を始める
        ということでした。
        時間勝負な部分もありますので、不安を感じている方はまず行動を起こしてほしいと思います。

        もし、体調を整えてから・・・とお考えの方は川島カイロまでご相談ください。



         

        お電話なら 047-701-8198

        不妊対策に体を整えるなら 市川のカイロプラクティック川島カイロへ
        当整体院までの地図ならグーグルプレイス

        | 川島和美 | 不妊症 | 07:07 | comments(0) | - | - | - |

        一番上へ